低金利政策の終焉の始まり

硬貨

金利変動にしっかり備える

絶好のチャンスが到来しているのが、フラット35への借り換え。フラット35とは、全期間固定金利型の住宅ローンです。変動金利型とは異なり、金利変動リスクが一切ありません。他の住宅ローンからの借り換えはもちろん、フラット35からフラット35への借り換えにも対応しています。なぜ、今が絶好の借り換えチャンスなのかは、金利の推移が理由です。住宅ローンの金利は、年々下降傾向にありました。10年前と比較すると、現在の金利は約半分にまでなっています。これは世界経済の変化に伴う、各国の中央銀行の政策が理由です。世界中で低金利政策が採用され、日本銀行も同様の政策を取りました。しかし、2018年に入り、その政策が転換期を迎えています。低金利政策は経済を活性化させる一方、インフレを起こす危険性があります。そのため、先進国を中心とし、中央銀行が金利を上昇させています。つまり、これからは日本でも金利が上昇する可能性があるということ。日本銀行は低金利政策の維持を決めていますが、世界経済の変化により政策が変化する可能性があります。もうこれからは低金利で住宅ローンを借りるチャンスがないかもしれません。今この時にフラット35に借り換えることで、現在の低金利の恩恵を受けます。また、今後いくら金利が上昇しようが、フラット35であれば金利変動を気にする必要はありません。さらに、個人事業主や契約社員でもフラット35に申し込めるため、借り換えのハードルが低いのも魅力です。多くの金融機関がフラット35に対応しており、まずは相談されることをおすすめします。

Copyright© 2018 おすすめのキャッシングを知ろう【ATM利用ができる】 All Rights Reserved.